投手 変化球の投げ方

野球が絶対にうまくなる方法はこれです!   

投手 変化球の投げ方

       

 変化球の投げ方はこうする!


 このホームページでは「キレのある変化球を投げる!」をモットーに投手変化球の投げ方を紹介します。変化球の投げ方で悩んでいませんか?変化球は曲げるのでなく、曲がるように仕向ける≠ェ正確な変化球の投げ方です。そうピッチャーは変化するきっかけをつくるだけです。決して手首をつかって無理やり回転をかけてはいけません、肩、ヒジを痛めます。指先のリリースがに微妙な回転を与え空気抵抗をうけてボールが変化します。あわせて握り方もコメントします。浅く握る、深く握るで変化に差がでます。
        



  ▼▼▼ 野球・投手編 ▼▼▼



■野球・ピッチング:速球を投げる方法・和田投手の球は、なぜ伸びのある球が、ピッチングフォーム


■野球・ピッチング:変化球を投げる理由は配球を複雑化し、狙い球を絞らせないこと!


■野球・ピッチング:プレイボールする前から心理戦スタート!


■野球・ピッチング:バッターは追い込まれるのがいやなんですよ!


■野球・ピッチング:バッターは基本ストレート狙い!特に初対面の投手には、なぜか?


■野球・ピッチング:初級カーブはほとんど見逃す!どんな心理からか?


■野球・ピッチング:内角を攻めてファールを打たす!ことができれば圧倒的優位


■野球・ピッチング:三振はいらない、タイミングをはずせばいい


■野球・ピッチング:変化球のキレをつける投げ方とは?


■野球・ピッチング:速球の投げ方は腕の使い方にあり!










  ▼▼▼ 野球・攻撃編 ▼▼▼

■野球:バッティングフォームを安定させてバットを内側から出す方法


■野球:軟投派投手を攻略する方法
相手は三振がとれない弱点あり!



■野球:速球投手の攻略方法、気持ちよく投げさせない!


■野球:打率をあげるバッティンはこんなコツでいける!


■野球:バッテッィングで遠くに飛ばすコツはこれだ!



 
 ▼▼▼ 野球・守備偏 ▼▼▼


■野球:肩に自身があってもボールをできるだけ前でとろう!



  ▼▼▼ キャッチャー編 ▼▼▼


■野球:配球は遊びこころで!


■キャッチャー:サインがでたか見破る方法はこちら!



   ▼▼▼野球・練習 ▼▼▼


■野球:【重要】練習の考え方 本番は練習のように練習は本番のように


■野球:コントロールをつけるコツはボールの軌道をイメージすること!


■野球球:バッティングのスイング
ミートポイントがわかる道具あり!



   ▼▼とっておきの道具▼▼


■野球:このバッティンググローブで変化球への対応ができる!



■野球:このグローブで名手間違いなしっしょ!手にしっくり



■野球:涌井投手も使うパワーバランスに効果あり!



■平日夜一人でできるピッチング練習方法!肩は毎日使おう!
     野球がうまくなる方法はこれです!★トップページ        


   
---------------------------------------------------------------------------

      
     7日間の練習で飛距離を伸ばす方法を伝授!ビデオでわかりやすいですよ↓
      「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト       


     球速10km/hアップを短期間でするノウハウがわかりやすく解説されています↓
      【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム  

  
---------------------------------------------------------------------------
  


    【変化球の「投げ方」:空気抵抗が変化させる!】



    変化球は曲げるものだと考えていませんか?
    特にスライダーです。
    スライドさせるためには、右投手であれば、投げる瞬間に手首を捻る・・・など。



    この変化球の投げ方は肩や肘をいためる可能性があります。
    考え方をかえましょう。
    「曲げるのではなく、曲がるきっかけをつくる」です。



    これはどういうことかというと空気抵抗で変化するということです。
    ピッチャーからキャッチャーまで約18mの距離があります。
    よく言われるようにピッチャーが投げたとき(初速)とキャッチャーに届くとき
    (終速)はスピードが違います。



    これはボールが空気抵抗を受けてスピードが落ちていることを意味しています。
    言い方を変えるなら、初速と終速に差がない、いわゆるのびている
    ということになります。



    【変化球の「投げ方」:のリリースがすべて】
   


    さて、大事なところです。
    右投げピッチャー、スライダーを例にして話をすすめましょう。
    スライドするということはピッチャーからキャッチャーまでの間で
    ボールがキャッチャーにむかってボールの右側の空気抵抗が強く、
    左側が弱いということです。



    つまり、ピッチャーからみて時計の逆周りでボールが回転していると
    スライドするということです。
    そのきっかけはボールをリリースする瞬間にあります。


    
    投げ方はストレートと同じです。
    というか変えてはいけません、リリースする瞬間までストレート≠投げるつもりで
    モーションにはいります。



    そしてリリースする瞬間、ボールを真後ろから押す、いわゆるストレートから
    ボールの右半分を押します。
    これによりボールに回転を与えます。
    よく空手チョップ≠ニいう表現をしますが、イメージがわかりますね。



    ですが、ですが気をつけてください。
    あくまでストレートを投げる、手首を使って回転をかけない。
    指先の感覚だけで回転をかける!

   
  
     
     変化球を投げるのではなく、あくまでストレートの投げ方です。
     握り方はヤマを利用する。


---------------------------------------------------------------------------
   
  
     少年野球の指導者、野球好きのパパ必見ノウハウ。
     チームのバッティング強化に実際に役立っているとのことです!!
      【野球】現役少年野球監督だけが知るバッティング術!


     野球肘になったあなた、野球をあきらめる必要なし!治療実績多数あり。
     ボールを投げるのをやめるだけでは時間がかかるし再発も心配ですよね。
      【野球】野球肘の治療法と予防〜小学生から社会人まで〜


---------------------------------------------------------------------------
  

     【変化球の「握り方」:回転がかかりやすいように】
    
    
    
    ボールのヤマは回転がかかりやすいように指をかけるためにあります。
    ボールの右側を押す≠けですから指先がかからないように
    指をヤマにかける。つまり握るということです。


  
    握り方はその人の投げやすいように握るのがいちばんかと思いますが
    オーソドックスな握り方としては上記のとおりとなります。



     また浅く握る、深く握ることで変化に幅がでてきます。
     つまり浅くなることでストレートに近いスピートで小さい変化、
     深く握るということはスイードを落とした大きなスライドです。



     どちらを選択するかは配球を考えて組み合わせましょう。
     ここがピッチングのおもしろいところです。
     どう料理してやろうか!≠ニいう楽しみですよ。



    ちなみにサイドスローやアンダースローでも同じ投げ方です。
    手首を使わず、ストレートを投げる。
    握り方も同様です。



        

   
  
     
  
  
▼無料メルマガをタイムリーに発行しています!是非登録ください。
メルマガ購読・解除
 


野球ブログ 『草野球で強い相手に勝つとっておきの方法』 

  
●変化球についてもっともっと知りたい方はこちらから検索してください↓
    



  変化球の投げ方   野球 変化球  変化球 握り方  野球 変化球 投げ方
  変化球の握り方   野球 変化球の投げ方   投手 変化球の投げ方
  野球 ピッチング 変化球   アンダースロー 変化球   サイドスロー 変化球
  サイドスロー 変化球 投げ方   アンダースロー 変化球 投げ方 
  野球 変化球 握り方    

Copyright (C) All Rights Reserved